風の旋律 ~ヤーデシュテルンのお部屋~

毎週月曜日に更新してます、 リンクのホームページからもイラストや写真が観られます。

Entries

ペットの話

ヤーデ
久しぶりにペットの話をしようかと思う。

テイタ
ほう、熱帯魚の「エンドラーズ・ライブベアラー・ラグナ・デ・パトス・オレンジ」ですね♪

ヤーデ
実は、今飼育しているのはもうエンドラーズじゃ無いんだよね・・・

テイタ
えっ!?もしかして全滅ですか!?

ヤーデ
いやいや・・・違うから。

テイタ
じゃあ、どうしたんですか?

ヤーデ
いやね、エンドラーズは、グッピーと同じ様に仔魚を生むから、増える増える・・・
選別をするにしても、管理できる範囲を超えちゃって大変だから、欲しい人にお譲りしました。

テイタ
な、なるほど・・・
じゃあ、今は何を飼育しているんですか?

ヤーデ
メダカだね♪
正確には、「三色透明鱗メダカ」だよ。
まぁ、今は下の写真のような感じだ。
ちなみに、メダカは上手く撮れませんでした。
メダカは、「亀田養魚場」で購入したので、画像はこのサイトで見てください。

2017.1メダカ

テイタ
なるほど♪
それにしても、何故メダカなんですか?

ヤーデ
卵を別の水槽に移さない限り増えにくいからだよ。
まぁ、管理が楽だからだ。
あと、成長すれば結構綺麗だし♪

テイタ
なるほど♪

ヤーデ
それにしても・・・

テイタ
なんでしょうか?

ヤーデ
メダカって、こんなに飼い難い魚だっけか?

テイタ
んっ?どう言う事ですか?

ヤーデ
小学生の時に、理科の実験の過程でメダカを飼育する機会があったんだけど、結構簡単に飼育できていた記憶があるんだけど・・・

テイタ
はいはい・・・

ヤーデ
飼育するのが小学生以来なので、とりあえず「メダカの飼い方」的な本を1~2冊買ってみて見ると・・・
やたらと、水流に弱い的な事が書かれていてな・・・

テイタ
何か問題でも?

ヤーデ
いや・・・小学生の時は結構デタラメに飼育していて、小さな水槽にエアーポンプを2個とか使用しててな・・・
それでも、何の問題も無く増えていたから、そんなにメダカが水流に弱かったかなと気になってな・・・

テイタ
えっ!?そうなんですか!!

ヤーデ
つーか、小学生の時は水槽の水とか全部交換が当たり前だったし、下手すればカルキ抜きすらしていなかったぞ・・・〔汗〕
もう、金魚だろうがメダカだろうが、関係無しに水道水にそのままドボンだったぞ・・・〔汗〕
更に、水槽にコケとか生えた時なんか、手洗い場の掃除でクレンザーとか付けたりしていたタワシでゴシゴシしていたぞ・・・〔汗〕

テイタ
えぇ~!!

ヤーデ
そんな環境でもメダカは普通に増えていたから、そんなに弱い生き物だったかなぁ~とな・・・〔汗〕
今考えると、あんな酷い飼い方しといて病気もせずによく生きていたな・・・・〔汗〕

テイタ
とても信じられません。

ヤーデ
だよな・・・・〔汗〕
でも、私の周りの人に聞いても大体同じ様な感じでな・・・・記憶違いや勘違いではないと思うよ。
なのに、メダカが水流に弱いやすぐに死ぬ的な事がよく書かれいてるのは何故だろうか?

テイタ
一体何が問題なんでしょうか?

ヤーデ
小学生の時の環境は、今となっては確かめ様が無いので例外的事例と考えれば、原因は単純かと・・・

テイタ
その原因とは?

ヤーデ
只単に、手の入れすぎ〔気にしすぎ・過保護になりすぎ〕かと・・・

テイタ
そうなんてすか?

ヤーデ
実際にグッピーでは、オスが尾びれの関係上強い水流を好まない程度なのに、メダカはやたらと水流に弱いと強調されている印象があるんだよね。
実際に「グッピー水流」と「メダカ水流」と検索した場合、メダカの方が水流についての項目が多い印象があるぞ。
寧ろメダカの方が水流は要らない等の情報が多い傾向があるとおもうぞ。〔私個人の印象です。〕
でも、メダカとカダヤシ〔グッピーの原種〕との違いがあるけど、生息している所は殆ど同じ環境なんだぜ。
なのに、メダカの方が水流に弱いとよく書かれいてるのは、少し変だと思わないかい?

テイタ
それだと確かに変ですねぇ~・・・

ヤーデ
実際に田舎でそれなりに水流がある小川等で、メダカ〔未確認だけど〕が泳いでいるのをみた事があるから、グッピーのオスと同じ様に強い水流を好まないだけで、
特別に水流に弱いという事は無いと思うんだよね。

テイタ
確かにそうかもしれませんね。
実際にヤーデさんがメダカを飼育している水槽は、ニッソーの45センチ水槽で、使用している外部フィルターは、エーハイムの2236ですものね。
オーバースペックもいい所です。
ナチュナルフローパイプを使用しているとは言え、コックは全開いなので、水槽内もそれなりの水流があると思われますもんね。

ヤーデ
実際に普通に泳いでいるし、餌も普通に食べているしな。
おまけに、購入して1週間した位から産卵もドンドンしているし、今現在も1匹たりとも死んでいないぞ。
もちろん、産んだ卵も食べられない限り順調に育っているしね。

テイタ
じゃあ、水流があると死んでしまうという情報の原因は何なんでしょうか?

ヤーデ
先にあげた手の入れすぎ〔気にしすぎ・過保護になりすぎ〕や水槽の水自体が洗濯機みたいに渦をまいている様な強い水流じゃ無い限りは、他に原因があるかと・・・

テイタ
その原因とは・・・

ヤーデ
元々購入したメダカの状態が良くなかった・水合わせの失敗・水槽を置いている環境が悪い・水槽の大きさに対して生態の数が多すぎる〔ろ過能力不足〕・
餌のやりすぎ等の原因かな?

テイタ
なるほど・・・

ヤーデ
ぶっちゃけ、上級者向けのアルビノ種やスモールアイ・だるま体系以外のメダカなら、私の経験上水流がある程度あっても、グッピーが問題無く飼育できていて
増えたりしている環境だったら、問題無くメダカも飼育できると認識しているぞ。
何事も程度もんって事ですよ。
ぶっちゃけ今の水槽の環境も、エンドラーズの時から何1つ変えいてないぞ。

テイタ
なるほど・・・・
でも、程度もんと言っても、もう少し分かりやすい目安は無いんですか?

ヤーデ
具体的に言えば、画像にある様な、長く育ったマツモが水流で殆ど揺れないぐらいの水流だな。
揺れても、ゆっくりと左右に1センチ程度で収まる揺れだな。

テイタ
難しそうな加減ですね・・・〔汗〕

ヤーデ
まぁ、頑張れ・・・
あと、私の言う事の通りにしても「メダカが死んだぞ!!」とか言われても一切責任は取らないですよ。
あくまで参考程度にお願いしますよ。

テイタ
あはは・・・
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フリーエリア

最新記事

チルノ⑨時計

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム