風の旋律 ~ヤーデシュテルンのお部屋~

毎週月曜日に更新してます、 リンクのホームページからもイラストや写真が観られます。

Entries

優曇華

今回は、少しだけ珍しい物を紹介しようと思います。

テイタ
一体何を紹介するのですか?

ヤーデ
優曇華です。

テイタ
ああ~ヤーデさんが粗毎日プレイしている弾幕シューティングゲームに出てくるウサギ耳のキャラクターですね♪

ヤーデ
絶対に言うと思った、定番ボケですな。

テイタ
あはは~やっぱり分かりました?

ヤーデ
当たり前だよ・・・

テイタ
えっと・・・優曇華と言いますと、「仏教経典で、3000年に一度花が咲くといわれていて、その時に金輪王が現世に出現する」となってますね♪
ちなみに優曇華は、伝説上の植物です。

ヤーデ
あと、同じ伝説上の植物で「蓬莱の玉の枝(根が銀、茎が金、実が真珠の木の枝)」もあるけどね。

テイタ
竹取物語〔かぐや姫〕に出てきますね♪

ヤーデ
とりあえずコレ以上話していると、別話になりそうなので写真を公開します♪
ちなみに、黄色い色の物は産み付けられて間もない物です。

2014.7優曇華

2014.7優曇華2

2014.7優曇華3

テイタ
コレが優曇華ですか?

ヤーデ
実は、クサカゲロウの卵を優曇華と言ったりするんですよ♪

テイタ
アリジコクと言えばピンと来る方も多いでしょうね♪

ヤーデ
えっと・・・よく間違える人が居るけど、優曇華の卵を産むのはクサカゲロウで、ウスバカゲロウじゃないぞ!!

テイタ
えっ!?そうなんですか!!

ヤーデ
更に言うと、ウスバカゲロウとクサカゲロウは、名前にカゲロウと付いているけど別物です。
あと、クサカゲロウはアリジゴクは作らないし、アリジゴクを作るのはウスバカゲロウの一部だけです。

テイタ
し、知らなかった・・・〔汗〕

ヤーデ
本当に間違っている人が多いんだよね・・・〔汗〕
ちなみにクサカゲロウの成虫は、緑色で大きさは大体20~50ミリ位です。
対してウスバカゲロウはの成虫は、茶色で大きさは大体30ミリ位です。
写真が無くてゴメンネ。

テイタ
大きさも大体同じなので、色で見分けるしかないですねぇ~・・・

ヤーデ
まぁ間違えるのも仕方ない部分があるけど、ちゃんと言っておかないとね♪

テイタ
ところで、ウスバカゲロウの卵ってどんな物なんですか?

ヤーデ
地中に生み付けられるらしんだけど、見たこと無いので分からないねぇ~・・・
そもそも近くに砂地が無いので、ウスバカゲロウ自体を見かけないしねぇ~

テイタ
あらあら、ソレは残念です・・・

ヤーデ
少なくても優曇華じゃないよとだけ言っておきます。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フリーエリア

最新記事

チルノ⑨時計

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム