風の旋律 ~ヤーデシュテルンのお部屋~

毎週月曜日に更新してます、 リンクのホームページからもイラストや写真が観られます。

Entries

児童ポルノ禁止法(児ポ法)改定案とか

ヤーデ
児童ポルノ禁止法(児ポ法)改定案が国会に提出されましたね・・・〔汗〕
提出された児童ポルノ禁止法改定案には、単純所持の禁止やマンガ・アニメの規制につながる「調査研究」の実施が含まれてます。

テイタ
そして、コレがまた大問題があるんですよね・・・〔汗〕

ヤーデ
「児童ポルノ所持等の禁止」の改正案が実施されると、決って「○○に出てくる入浴シーンはダメなのかとか?」・「○○のパンツが見えるけど大丈夫なのか?」といった様な声が当然上がるだろう。

テイタ
そして、お偉いさんは苦笑しながら「それは極論であって、そこまで過激な運用はしない」等の事を言われると思われますが・・・

ヤーデ
その時点で「恣意的な判断」になっちゃっていますので、問題が出てきます。

テイタ
「児童ポルノとは一体何か?」その定義が多分明確じゃないから「これは名作、これはポルノ」と恣意的に判断しての運用になってしまいますので怖いですね・・・〔汗〕

ヤーデ
更に「コレは芸術だ」と仮に反論しても「どこまでが芸術でどこがから芸術でないか」っていう線引きもいまいちわからないしし、見る人によっても判断変わるから更にたちが悪いです。
判定によっては過去に描いた作品の原稿すらアウトになりかねないんだよね・・・〔汗〕
しかも改定案では「自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノ所持等についての罰則の新設」と定めてあったりするんだけど・・・
「性的好奇心と満たす目的」と「資料目的」をどう判断をするのでしょうか?

テイタ
たとえば図書館は資料として持っているけど、個人の場合、性的好奇心で持っているのか、それとも資料目的で所持しているのか等をどうやって判断するのでしょうか?
「私は胸の小さめな大人のお姉さんが好きだけど、ロリやショタには興味が無い。でも興味はないけれど一応ロリやショタも資料として持っている」とか言えばセーフなのかしら?
イラストや漫画等を描いている方は、当然資料として持っている可能性も有るわけです。

ヤーデ
そして、一番の問題は、「漫画やアニメやCG」という想像上〔創作〕の絵や漫画にも規制が及び、それを所持することへの展望を盛り込んでいる事だね。
これは「想像力を規制する」ということになるからね。
さっきも言ったけど、所有も規制されるので、過去の作品や原稿がアウトになる事も考えられるのです、
しかも所有〔単純所持〕する事も規制対象なので原稿を廃棄しなければならない可能性すら出てきます。

テイタ
当然それは、過去の作品だけではなく、これから出てくる作品にも大きく影響します。
実写の場合は被害者がいますし、当然犯罪なので禁止すべきです。
でも、被害者のいない想像〔創作〕の絵や漫画・想像力まで規制するのは果たして正しい判断なのでしょうか?
漫画やアニメは想像の産物ですし、その想像力を形にすることが禁止されるのはおかしい事です。
そもそも本来「児童を守ろう」という善意で提案された物なのに、何で空想の領域まで規制対象になっているのでしょうか?

ヤーデ
恐らく、「日本は児童ポルノ製造大国」や「アダルト漫画やゲームが人に悪影響を及ぼしている」と言う汚名を返上したいんだろうね。

テイタ
でも、実はそれらは全く根拠が無かったりするんですよね。

ヤーデ
全くのその通りで下のリンクのデータを見ればよく分かります。

http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/05/post-81d4.html

テイタ
このデータをみるとよく分かりますよね。
パッと見は順位が高く見えますが、人口に対しての割合をみると決して高くは無いです。

ヤーデ
恐らくこの改正案を考えている方や推進している方は、ほんの一部を見ただけで判断し
「市場には危険な漫画やゲームが平然とお店に並び、それに触れた青少年が歪んで少女を襲いだす」という思い込みがあるんではないかと思います。

テイタ
正に改正案を考えている方や推進派が、一番現実と非現実の区別がついていないという罠・・・〔汗〕
一方で「クールジャパン」等と言っておいて、一方では可能性の芽を潰しかねない事をしていたら、本末転倒です。

ヤーデ
まっ・・・上で書いた事はメディアや一般市民の人に向けた大義名分で、実際は利権を増やして予算を多く貰う手段として使おうとしているんだろうけどな・・・〔遠い目〕

テイタ
怖い事言わないで下さいよ〔汗〕

ヤーデ
あとこの改正案が元で同人界の方にも影響が出るかもしれないんだよね。
世の中には最初同人誌から始めて最終的にプロになった方も沢山おられるのに・・・〔汗〕

テイタ
兎に角、今回提出された改正案は、「表現する自由」だけじゃなく「表現されたものを知る自由」も侵害するものだとご理解いただければと・・・

ヤーデ
もっと知りたい方は、下のリンクを観て頂ければと・・・
あんまり書くとボロがでそうなので・・・〔汗〕

テイタ
既に出ているかもしれないけど・・・
〔2.3日でザット関連議事を読んで書いたので・・・〕


「嫌だから規制する」なのか──児童ポルノ禁止法改定案、その背後にあるもの (1/3)

「焚書のような事態」――児童ポルノ禁止法改定案に漫画家協会、漫画・アニメの「調査研究」除外求める

「ゾーニングの顔をした表現規制」「社会の自立の、行政による他殺」──宮台教授 (1/2)

「児童ポルノ禁止法」改定案への反対声明

スウェーデン「非実在青少年」裁判の当事者を直撃 過剰な表現規制が生み出す冤罪の構図とは
〔↑は、約一年前の記事です。〕
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フリーエリア

最新記事

チルノ⑨時計

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム